First Information System

活気に満ちた夢のある企業をめざして!

社員インタビュー

当社の仕事内容や社風を、少しでも多く理解していただく為に、現在力を入れている医療情報システム分野の第一線で活躍している社員のインタビューをご紹介します。

<システム部 主任>

Q1:現在どのような仕事に関わっていますか?

電子カルテをはじめとする、メーカー系の病院情報システムの導入に関わっています。薬剤部や検査部などの部門ごとに担当が分かれており、複数の担当者でプロジェクトを進めています。
具体的には、お客さまとの打ち合わせのなかで、どのような運用をするかを取り決め、その運用にしたがってシステムの設定を行っていきます。大体、1つのプロジェクトは半年〜1年が多いです。

Q2:仕事にあたって心がけていることは?

お客さまの要望されることを、言葉の通りにとらえず、その要望の背景を丁寧に聞くように心がけています。
他の機能で充分な場合や、システム化するより運用で対応したほうがよい場合、さらには、お客さまの担当者同士のコミュニケーションの改善で解消されるような問題も多くあります。それらを総合的にとらえて、広い意味での「ソフトウェア」を構築するのが私の仕事だと思っています。

Q3:これからの目標を聞かせてください。

仕事を通じて得た知識や経験には、どうしても偏りが出てきてしまいますので、不得意分野を補うために、公的な試験を積極的に受けるようにしています。
今一番の目標は、システムアナリストの試験に合格することです。そのために日ごろから、システムアナリストの立場で物事を見るように気をつけています。

<システム部 社員>

Q4:文系でもSEになれますか?

私出身、入社当時のコンピュータの経験といえばメールやインターネットを少しやっていた程度でした。ただ「コンピュータやインターネットって面白そう!」という思いでこの業界に飛びこんでしまいました。
新入社員研修では、専門的に勉強してきた人についていくのはやはり大変でしたし、その後参加したいくつかのプロジェクトもそれぞれ苦労もありましたが、なんとかなってしまうものですし、今振り返ってみると全て本当に良い経験になっていると思います。
また、現在も文系出身者のSEが社内で大勢活躍しております。SEをめざすなら、何よりも「SEになりたい」というその熱意と、すぐにでも勉強を始める意欲が大切です。

Q5:FISという会社を選んだ理由。

「社員を思いやる会社」であると思ったからです。
社員を思いやるというのは「実力主義」という形で、社員一人ひとりの実力を見て評価してくれる会社であるという事です。
また、まだまだ新しい会社という事もあり、今後会社と共に自分自身が成長していく事ができると考え選びました。

Q6:職場の雰囲気

仕事に対する厳しさ、緊張感とともに、皆で協力し合える自由であたたかい雰囲気があり、とても働きやすい職場です。
もっと何かできないだろうか、こうしたらどうだろうか、というような向上心・探究心が強く、皆生き生きとしています。
また、新入社員でもやる気と素養があればどんどん仕事を任せてもらえる雰囲気があります。そして努力次第で人によっては新卒であっても早い段階から仕事を任され、意見も求められると思います。
ファースト情報システム株式会社
大阪市北区西天満5−9−10古河梅ヶ枝ビル2F/TEL:06-6131-0731/FAX:06-6363-7122
Copyright First Information System Co.,Ltd. All Rights Reserved.